残りの人生は~シラフで~

断酒をした事で生まれたシラフの時間に、思う事を書いていきます

健康診断

本日は健康診断。

コロナや仕事で押せ押せになっていたのですが、

ようやく受ける事ができました。

 

今回たのしみだったのは、断酒して初の健康診断と言う点。

 

事前に記入する問診票でも、飲酒習慣は自信の「禁酒」にしました!

 

ん、「禁酒」?

 

こんな選択肢ってあったかな?

 

飲めない、飲む、禁酒・・・

そこは「飲まない」じゃダメなのか?

 

と思っていたけど、行きの電車で読んでいた

雑誌の記事には、飲んでいた事実でがん発症率が

変わるそうで・・・

 

なんでも、1日多くても日本酒換算で1合までと

書かれていて、3合以上では発癌率が上がるそうな。

 

かつては余裕でオーバーする量を飲んでいたし、

一方でそれが全てではないにせよ、

よろしくない習慣を断てた事は評価したい、我が事ながら。

 

ま、たばこと肺などの関係性と同様に、

吸っていた事実は動かないものの、

辞めることにも意義はあるでしょう、きっと。

 

実際、以前はやや食道や胃が荒れ気味と言われた

胃カメラも、今日はどちらも本当に綺麗ですと

お墨付きを頂いたのは、断酒と無縁ではないでしょう。

 

断酒した事のデメリットはこれと言って思い浮かばないわけだし、

この調子で日々積み上げていきたい所存です。

WiFi6

そろそろ買い替えたいなーと思っていた

自宅のWiFiルーター

 

変えるならWiFi6対応だよな、と思っていた。

 

(余談ながら、acだとかaxと言う呼び名を

5や6と言い出して、逆に混乱していてまだ慣れない)

 

と言いつつ、現在の手持ちデバイスでWiFi6に対応しているのは

iPad Air 4の1台のみ。

 

ただ、今後買い換えるスマホなどでは対応しているだろうし、

ルーターはそうそう買い換えるものでもないので、

値段も手頃になってきているWiFi6対応を狙っていた。

 

また、旧ルーターは1LDK住まいだった頃のもので、

3LDKの今の住まいでは、ルーター設置箇所から遠くなると

電波が明らかに弱まって、不便だった。

 

決して部屋が広いわけではなく、

壁を挟む事による減衰の影響ですね。

 

在宅ワークなんて時にも、

WiFiが心許ない部屋での作業では有線LANでつないだり、

スマホにLANを差してテザリングしてみたりと、

利便性が落ちていた。

 

まぁそんなうんちくを語りつつ、

この辺りで専門性を有しているわけでもないので、

値段と機能を見比べてNECルーターに決めました。

 

 

目安としてスピードテストを比較してみたところ、 

ルーターで下り200Mbps位のところ、

ルーターは500Mbps程度出ているようです。

 

まぁこの辺の数値に関しては測定ツールによって変わるし、

マンションなので他の部屋の利用状況もあるでしょう。

 

それよりは、ルーター設置箇所から離れての利用ですが、

ばっちり電波強めで掴んでいるようです。

 

そりゃWiFi設定に他の家のSSIDがたくさん表示されるわけですね。

 

ちょうどファームウェアアップデートが終わっている

ルーター脆弱性云々と言うニュースもあったし、

そういう面でも買い替えてよかった、ハズ。

1月も終わり〜

2020年もあっという間だったと振り返ってから1ヶ月。

早いもので2021年の2月。

 

本当に早い。

 

1月はややアニメ祭りで浮かれ過ぎた。

ちと反省。

 

昨年、年末に向けて遅ればせながら「鬼滅の刃」を拝見し、

なるほどアニメって面白いなと思ったのが発端。

 

今やほぼドラマを見ないですが、その理由のひとつには

同じような顔ぶれの同じような展開、と言うものがある。

 

いや、面白いのもあるんでしょうが。

 

ただ、どうにも演者が同じである以上、

どれだけお芝居をしていようと、

「同じ人」として見てしまう。

その人のスキャンダルが見え隠れしてしまう。

番宣で見せる素がちらついてしまう。

(それすら演技かもしれないが)

 

一方アニメでは、そのような気になる

ノイズがないように感じた。

 

いや、原作者の作画や展開の癖はあるでしょうし、

声優さんだって声を変えるには限界があるのでしょうが。

 

で、遅ればせシリーズとして「進撃の巨人」を見てみたところ、

これが面白いじゃないですか!

 

一気にシーズン1から2、3と経て、ファイナルシーズンまで

追いついてしまった。

 

いやー、面白い!(今更)

 

そして、ひとりイッキ見をしていただけに、

ここから最終回までの1週間スパンがやたら長く感じる。

 

毎週のたのしみになってしまった。

次週のアニメをたのしみにするだなんて、

いつぶりだろうか。

 

他でも、お正月に放送していた「天気の子」も見てみたし、

自転車乗りとして「弱虫ペダル」も見ているところ。

 

アニメと言う形なので、どれもフィクションがフィクションとして

すんなり入ってくる、それが2次元作品の良さなのでしょう。

 

ただ、ややアニメに傾倒し過ぎた1月。

受けたい試験の勉強やその他の学びもしなければ!

【結果】根岸S シルクロードS

レース時間順で言うと、まずはシルクロードS

 

本命にしていたシヴァージが外からスムーズに脚を伸ばし、優勝。

 

肝心の穴指名をしていた中の1頭、リバティハイツは

惜しくも4着、無念。。。

 

 

気を取り直して根岸S

 

こちらは東京の長い直線の攻防に見応えがありました。

 

そして、やや詰まるかに見えたレッドルゼルは鋭く反応して優勝。

その外から追い上げてきたのは穴指名していたワンダーリーデルで、

ワイドを的中!馬連でもよかったパターン。

 

先に抜け出していたタイムフライヤーが3着を死守した形ながら、

内でしぶとく粘っていたのはアルクトス。

タイム指数は魅力的ながら59kgはちょっと辛いと思っていましたが、

力をつけていますね。馬券は買っていたので惜しかった。

 

さて、フェブラリーSには直結しない事が多い根岸Sの結果ですが、

今年はどうなるでしょうか。

 

ワンダーリーデルは東京巧者で1600mの方がベストな印象なので、

次も人気をしないでいてもらいたいところ。

 

今年のG1初戦が待ち遠しいですが、

まずは無事に開催が続く事を願っております!

【予想】根岸S シルクロードS

東京のダート重賞、根岸S

 

フェブラリーSへの前哨戦ながら、

単純に成績は直結しない、面白いレース。

 

個人的には、競馬始めて数ヶ月数ヶ月のビギナー時代に、

当レースで馬単70倍を当てて以来、好きなレース。

 

今回は、1〜3番人気が順当に着に絡みそうな気配。

と言う事で、穴探し。

 

距離指数で1位のヘリオス、2位タイのサクセスエナジー

コース指数1位のワンダーリーデル

この辺りの一発に期待したい。

 

 

そして、今年は中京開催のシルクロードS

 

こちらはシヴァージを本命に。

実績馬がハンデを背負う中で同等の指数を持っており、

中京を得意とする鞍上も心強い。

 

そこから距離指数上位馬の7、10、11へ。

あと4歳馬で平均値は物足りないもののこの2戦で

指数を上げてきている9も。

フィルム装着!

iPad  Air 4の液晶保護フィルムの話。

 

これまた逆を行く作戦。

 

music-horse-2.com

 

 

以前、iPad mini5では「手書き」を試したかった事もあり、

保護フィルムにはペーパーライクを選んでいた。 

 

確かに、書き味が本当の紙のようで、

それはサラサラと快適でした。

 

しかし、その代償として液晶の精細度が落ちる。

せっかくきれいなディスプレイも、白っぽくぼやけた感じになってしまう。

 

そこで考えるわけです。

 

iPadにはいろいろな用途があって、

メモ用途に使う場合にはペーパーライクフィルムがベストでしょう。

 

ただ、単純なブラウジングや動画視聴、電子書籍の閲覧などでは、

ペーパーライクはディスプレイ性能を妨げる存在。

 

そして、メモする時間の方が、圧倒的に短い。

 

 と言う訳で、今回はペーパーライクは除外。

 

しかし、iPad×手書きの面がフィーチャーされているせいか、

売られているフィルムではペーパーライクの割合が増えている。

 

おまけに、厚さを考慮してガラスも除外したいのだが、

保護性能と言う意味ではガラスが推されている。

(ガラス=強いは誤りらしいですけど)

 

という事で、狙いは樹脂フィルムで否ペーパーライク。

できれば多少は反射防止をしてほしい。

 

で、辿り着いたのがこちら↓

 

 

やはり、反射を防止する都合でやや白っぽくなりはするものの、許容範囲。

 

指紋は付きづらくなったし、スワイプ時などのサラサラ感で

操作性はあがったし、やや白っぽくなった事に関連して手書きの

書き味も上がった気がする。(色々ループしている・・・)