残りの人生は~シラフで~

断酒をした事で生まれたシラフの時間に、思う事を書いていきます

Pixel6 SIM

Pixel6は、自分にとって初の5G端末。

 

だがしかし、Pixel6で対応している5G回線は、

11月現在ではSoftBankauのみとなっている。

 

まだまだ5Gエリアは限定的だとか、

実際の速度や使用感は4Gと変わらないとか、

そう言う評価が多いものの、やっぱり使ってみたい。

アンテナピクトの「5G」を目にしたい。

 

と言う事で、Pixel6に装着するSIMを調整。

 

これまでPixel4aでデータ通信のメインを張っていた

楽天モバイル回線は、一旦お休みに。

 

そして、iPad Air4で使っていたLINEMOを、

20GBのスマホプランに契約変更し、Pixel6へ。

 

いざ、SoftBankの5G回線探しの散歩。

 

表参道付近

f:id:otouma:20211112003450j:plain

 

青山一丁目付近

f:id:otouma:20211112003508j:plain

 

うーん。。

 

まぁ4Gよりダウンロードは早め、、かな。

 

先日のバッテリーについての感想でも触れたように、

5G優先の設定はバッテリー消費が早い疑いもあったりします。

 

それに見合ったパフォーマンスを得られているのか?

 

まぁ、減ったら充電すればいいのだけれど。

Pixel6 設定の見直し

いくつか軽微な不満を感じているPixel6。


しかし、各種設定を見直す事でその不満を解消できる。

そういう選択肢が用意されている自由さが、

androidの良さですよね!

 

 

しれっと、電源長押しがGoogleアシスタントキーにされていて、

これは好かない。。。

 

Googleアシスタントを起動したい場合・・・

まぁ家とかなら「OK、Google」と話しかけますよね。

Google Homeが反応してしまう時もあるけども。

 

出外の場合、画面の右下か左下から斜めにスワイプ。

この操作に結構慣れてしまっている部分も大きい。

 

と言う事で、それらを設定。

 

デフォルトは電源ボタンを長押しで

アシスタント起動になっているので、

ここをオフ。

 

f:id:otouma:20211108231123p:plain

 

そして、ジェスチャーの設定から、

慣れ親しんでいるスワイプでのアシスタント起動を設定。

 

f:id:otouma:20211108230831p:plain

 

 

もう一つ。

Pixel4aを使って1年で慣れてしまった、背面指紋センサーで

通知パネルを下ろしてくる機能。

 

Pixel6は大きいので、片手操作時に画面上からスワイプで

通知パネルを下ろしてくるのは、ちとキツいだけに、

あの操作性が懐かしい。

 

と、それに近しい設定を見つけました。

 

f:id:otouma:20211108231738p:plain

 

f:id:otouma:20211108231832p:plain

 

背面タップの使用をオンにして、通知の表示を割り当てる。

 

新しいものを受け入れる心持ちも大事ですが、

スマホは触る時間が長いだけに、

より自然な使用感を求めたいところですよね。

 

他にもまだ自分好みの設定の余地はありそうです。

Pixel6 Bluetooth

不本意にもややネガティブな感想が多めになっているPixel6ですが、

気に入っているポイントも当然あります。

 

そのひとつが、Bluetooth

 

スペック表を眺めている時から気になっていたのですが、

その表記はこう↓

 

デュアル アンテナの Bluetooth® v5.2(信号品質と接続の強化)

 

個人的には、Bluetoothのバージョンにはそこまでこだわりはなく、

もう5以上、なんなら 4以上ではさして大差ないものと感じています。

 

確かに5.2は最新と思われるものですが、

もっと気になるのは「デュアルアンテナ」と言う点。

 

そんなのあるの??

 

そしてかっこ書きでわざわざ、信号品質と接続の強化、としている点。

 

で、実際の使用感なのですが、

めちゃくちゃ安定しています!

 

出社から帰宅までの電車や駅を含むイヤホン利用において、

一度も途切れる事がありません!

 

同じ条件でもPixel4aでは、数回は切れてしまっており、

電波の特性上やむなしと諦めていたのですが、

混雑した駅内や車内も問題にならないのは驚き。

 

Pixel budsも発売しているからなのか、

Googleにとってイヤホンとスマホとの

連携に比重を置いているのかもしれないですねー

 

自分の中ではちょっとした仮説があって。

 

前述の通り、BluetoothのバージョンやCLASSなどの

スペック上の表記はあくまで規格の話であって

接続の安定性に寄与しているのはアンテナ自体、説。

 

詳しい事は知りませんが、同じBluetoothと言っても、

スマホタブレット、PCでは積んでいるアンテナの

大きさは違っているのでは?と思っています。

なにせ、筐体のサイズからして違いますからね。

 

で、アンテナは大きい方が感度はいいだろう、と。

 

実際、イヤホンと繋いだスマホをリビングに置いたまま、

洗面所などへ移動した場合に途切れるところ、(壁などもあるのでそれは当然ながら)

iPadやパソコンではつながり続けている、と言う体験からの仮説です。

 

なので、スマホはそのサイズ故、スペック上は良さげに見えても、

やはり接続の安定性に欠けてしまう部分は否めない、と思っていました。

 

そこへ来てのこのアプローチ。

 

これは素晴らしい体験につながる事間違いなしです。

Pixel6 指紋認証

Pixel6の指紋認証について。

 

Pixelシリーズでは長らく背面の指紋認証センサーが定番。

(4は顔でしたか)

 

Pixel4aに変えた頃は、例えばテーブルに置いている際に

使いたい場合に、いちいち端末を浮かせて指紋認証して・・

と言うのに煩わしさを感じていました。

 

その前に使っていたP20 proが全面の指紋認証だったので、余計に。

 

ただ、慣れてしまえば、これもこれで問題はなくなり、

どっちみちだいたいは手にとって使う事を考えれば、

自然に慣れていく事で違和感はなくなっていきました。

 

そして、今にして思えば・・・

背面の指紋認証センサーをなぞる事で

通知パネルを下ろしてきたり出来る機能は、便利でした。

 

Pixel6はなにせでかいので、片手で端末を持った場合のポジションによっては、

通知パネルを下ろしてくるのもちょっと難しい時がある。

 

その点、ただでさえコンパクトなPixel4aは、背面指紋センサーで

通知パネルを操作できる、うーん、便利だったなー。

 

そしてそして、1番気になるその指紋認証の精度。

 

やはり、、、あまりよろしくないような。。。

 

保護用にと貼ったガラスフィルムによって、その精度が

壊滅的に落ちる事は、初日に確認済みでした。

 

なので、フィルムなしの素の状態で使っているのですが、

やっぱり「保護」しときたいよなー、とAmazonを物色し、

指紋認証対応」なるフィルムを見つけたので、ポチッと。

 

結論から言うと、貼って試して、すぐに剥がしてまた素に戻しました。

 

画面内指紋認証とフィルムとは、相性のようなものがあるだろうとは

想像がつき、その辺りをクリアにした商品だと期待していたのですが、

ちょっと思っていたのと違っていたから、です。

 

貼った画面がこんな感じです↓

f:id:otouma:20211104063223j:plain

 

はい、ここだけ見れば、何も問題はないのですが・・・

 

f:id:otouma:20211104063407j:plain

 

このフィルム、指紋認証の箇所だけ素材が異なっている模様で、

そっちのアプローチだったわけです。

 

当然、この主張は強めなので、使っているときに気になりますし、

光の当たり具合によっては致命的に目立ってしまいます。

 

と言う事で、残念ながら即剥がし。

 

ただ、その製品の説明書にはちょっと感じるところがあり、

なんでも、フィルムを貼った後に指紋認証を登録し直せ、と。

 

これには目から鱗で、なるほど、その条件で指紋登録すればいいのか!と。

 

早速初日に貼り付けた方の全面普通の方の

ガラスフィルムを引っ張り出してきまして、トライ!(2枚入りだったので)

 

貼り付けてから、指紋認証の登録、と。

 

・・・

 

反応が悪すぎて、やっとの思いで登録を終えたものの、

案の定そんな状態ではスムーズなアンロックには至らずでした。。。

 

と言う事で、やっぱり剥がしました。

これは素で使っていく外なさそうです。

 

ただまぁ、強度強めのゴリラガラスを採用しているし、

そもそもは素の裸で使うように作られてるんだろう、

と言う事もあり、問題はなしです!

 

おそらくは、この辺りが価格に効いてきているのかと思います。

 

画面内指紋認証は2種類、光学式と超音波式があるそうです。

 

光学式は言わばカメラで指紋を読み取るようなもの。

超音波式は超音波で立体的に読み取るもので、

精度も高く水に濡れた状態でも反応できるらしい。

 

たぶん、この特徴を見るにコストも違うのでしょう。

 

まぁソフトウェアでのアプデで改善もあり得そうですし、

認証が弾かれると言う事はきちんと認証しようとしている事でもあるので、

まぁ良しとしましょう。

 

ホントは、指紋でも顔でも両対応がベストなんですけどね!!

 

 

 

Pixel6 バッテリー

Pixel6を入手してから約1週間。

 

その間に、主要なアプリの移行、設定を済ませて、

すっかりメイン機として活躍してもらっています。

 

その中で感じている事として・・・

 

「バッテリーの減り、早くない??」

 

要因は分かっていないので、今後設定の見直しなどで

伸びる可能性はあるとは思います。

 

例えば5G優先を止める、とか。

 

しかし、それにしてもちょっと減りは早い気がしていて、

例えば昨夜から今朝までの就寝時間、6時間での減りは・・・

 

Pixel6・・・20%

Pixel4a・・・1%

 

あれ???

 

もしかしたら、Pixel6では寝ている間に

アップデートが走っていた可能性もありますが、

(色々見ていたらアップデートされていたので)

この傾向は今夜に限った事ではないのも事実。

 

もちろん、日中帯での減りも早い体感があって、

やはり大きくなった画面の分、そしてリフレッシュレートが

上がっている分での消費電力の差もあるのでしょうが、

朝家を出てから帰宅まで気にせず余裕で持つ、とは言えない状況。

 

まぁバッテリーに関しては、使ったら減るのは仕方ないと思っていますし、

減ったら充電すればいい話。

モバイルバッテリーはスマホに変えてから携行する習慣なので、

その辺でも特に問題は感じていません。

 

むしろ、Pixel6では無線充電に対応しているので、

無線充電対応のモバイルバッテリーを物色しています!

到着、Pixel6

遂に到着となりました、Pixel6。

 

f:id:otouma:20211028225549j:plain

 

噂では、緩衝材代わりに、先のキャンペーンでも配られていた

Pixelチップスが入っていると聞いたりしてましたが、

自分の箱には本当の緩衝材と本体のみの同梱でありました。

 

まぁそんな小さい話はどうでもよくて。

 

まずは各種セットアップ。

 

データ等の移行をしている際に、Pixel4aと持ち替えていて感じるのは、

Pixel6のデカさ、重さ。

ただ、持ちやすさとして難はなく、むしろしっくり手に収まる感じはあります。

 

データ移行や充電など、少し負荷が掛かると

ホカホカになりますね。

 

また、ディスプレイ内指紋認証なんですが、

保護ガラスを貼ったら全く反応しなくなりまして・・

せっかく買っておいて貼ったものの、剥がしました。

 

新たにフィルムタイプのものを買ってみるか検討しますが、

まぁそもそも保護フィルムって必要なのかよって気もしますし、様子見ます。

 

あと、フィルム云々抜きにしても、指紋の読み取りは結構弾かれます。

出始めの頃の指紋認証のイメージと言いますか、反応が悪いので、

同じ指を2つ分登録して精度を上げました。

 

さて、最上位のたのしみだったカメラですが、逆にPixel4aも優秀だった事を

再認識するくらい、大幅なアップデートは感じられておりません。。。

 

十分に優秀だったソフトウェア処理に、ハード面のスペックアップが

加われば、めちゃくちゃパキッとした写真に仕上がると予想していたのですが・・

 

まぁまだ初日ですし、限られたシーンでしか使えていないですし、

ソフトウェアのアップデートでも変わってくるでしょうし。

 

これからじっくり触っていきたいと思います!