残りの人生は~シラフで~

断酒をした事で生まれたシラフの時間に、思う事を書いていきます

【予想】天皇賞・春 G1

5月になりました。

そして、天皇賞・春

 

今年も改修中の京都に代わり阪神開催。

天気もぐずついているようで、渋馬場での決戦になる模様。

 

◎タイトルホルダー

○テーオーロイヤル

▲アイアンバローズ

マカオンドール

△シルヴァーソニック

△ディープボンド

 

 

当レース、近年では菊花賞馬やそこでの好走がものを言う。

今回のメンバーでは◎が該当し、同じ阪神開催を逃げ切った実力を買う。

8枠に入ったものの、スタートが速い馬なのである程度の位置は取れそう。

内から積極的に逃げるならウチパクのクレッシェンドラヴくらいか?

 

同じ長距離レースながら、ダイヤモンドS組は相性が良くないイメージながら、

前走で力を見せた○。

先行できるオルフェーヴル産駒の▲。

 

ディープボンドは実力上位で指数動向も申し分ないながら、

大外枠からこのレースを勝てる程の立ち回りができる気がしない。

 

今年のG1はことごとく荒れており、

それを言い出したら◎も飛びそうに思えてくるが。。。

povo 物理SIMが届いたよ

eSIM再発行の取り回しが良くなり、

利便性が増したpovo。

 

music-horse-2.com

 

契約来、ずっとeSIMで使っているわけですが、

思い立って二つある契約の一つを物理SIMに交換してみました。

 

申請方法はアプリで完結!便利!

eKYCもアプリからの案内に従い、

翌々日には物理SIMが到着しました。

 

 

SIM本体は、標準/マイクロ/ナノをお好みで

切り分けるタイプのもの。

 

それに説明書類とpovoステッカー、SIMピンまで同封。

 

無料で発行依頼したモノに対して、贅沢すぎるラインナップです。

 

十分過ぎるんですが、欲を言えばSIMピンに「povo」とか

刻印があったら最高でした。(マニアック)

 

いざ到着したSIMは、sense3にセット。

 

このsense3はデュアルSIMでして、

楽天モバイルに加えてpovoが挿さりました。

 

楽天圏外時には、povoが助けてくれそうです。

ちょっと買ってみた CapGrip

先日のタイムセールをいいきっかけと捉え、

ちょっと欲しいなと思っていたものを購入。

 

ulanzi CapGrip

 

osmo actionのハンドグリップ兼三脚でお世話になっている

ulanziさんの製品で、スマホにくっつけてカメラの用なグリップ力と

物理シャッターボタンを体験できる、と言うもの。

 

スマホで写真を撮る機会は多く、

ゆえにスマホのカメラ性能には拘りたいと思っている。

 

そして、実際に写真を多く撮るわけですが、

案外持つ手が不自然になりがちと言うか、

画面内のシャッターボタンが押しづらいシーンがある。

 

そこで、これに期待というわけです。

 

幸い?Pixel6は元からでかいので、

ポケットからややはみ出し気味です。

 

なので、このグリップをつけたままでも、

案外ポケットに収まってくれそうです。

 

いや、常時付けておくつもりはないですが、

お出掛け時とかでしばらく付けっぱなしってのは

イケちゃいそうです。

 

 

英語学習をもう一度 〜again −2

英語学習欲求は湧いてきた。

 

では、何をどう学ぶか?

 

英語を身に付けたかったら、とにかく多く触れる。

これは間違いない、ハズ。

 

今であれば、ポッドキャストなどを使ってリスニングができるし、

各種動画を使う手もあるかもしれない。

 

ただ、それだとどうも漫然となりがち。

やはり、何か1冊本を・・・

 

と、こう言う時に手にするのは、大学受験来の信頼を置いている

Z会の速読英単語シリーズ。

 

www.zkai.co.jp

 

 

まぁこの流れも自分としてはいつもの流れではあるが、

文章の中で単語を覚えていく、ってコンセプトがしっくりくる。

 

ただ、久しぶりに本屋さんで見かけたそれは、

随分とカバーがリニューアルされていた。

 

そして、内容もちと変わっており、

例えば音声はQRコードからWEBに飛び、

サイトから聴くスタイルに変わっていた。

 

うーん、スマホ時代にこれは嬉しい!

元からこのシリーズでの音源はCD別売りのスタイルだったと思うが、

より自然な形での学習ができそうな気がする。

 

はい、活かせるかは自分次第。

英語学習をもう一度 〜again

何度目だろう?

英語学習欲求が湧いてきた。

 

直近はその辺のことをブログに書いていた。

music-horse-2.com

 

奇しくも、同じような時期。。。

春はそんな気持ちにさせるのか?

 

まぁ読み返してみると、動機も似たようなところ。

 

ここのところ学んでいたMicrosotのコンテンツも、

原文は当然に英語。

日本語訳されたものもあるし、ブラウザで翻訳しても読める。

タドタドしい日本語で。。。

 

うーん、やっぱり英語なのか、英語力は必要なのか。

 

今までの英語学習での課題は、継続性。

どうしても学習の習慣化に至らず、結果覚えては忘れるを繰り返しているし、

そもそもの基礎体力も上がりきっていない、といったところ。

 

そこへきて、今回はちょっと秘策がある。

いや、秘策は言い過ぎたかもしれないが、

カレンダーに学習の過程を残していく、作戦だ!

 

ちょうど直近で学んでいたHTMLやJavaScriptの本を読み進める際、

カレンダーに翌日の予定として登録し、こなしていく形をとってみたのだが、

なんともそれがいい感じだったのです。(曖昧)

 

まぁ今日はその1日目。

まだまだ大きいことは言えないのであります。

双葉

この一か月。

ゆずとASKAのライヴに参戦し、その予習や余韻で

それぞれの楽曲を聴く割合が多くなっています。

 

そんなライヴ参戦という事情抜きにヘビロテ中の曲があります。

 

あいみょんの『双葉』

 

NHKの特番、18歳世代と一緒に歌う18祭に向けて制作された曲です。

www.nhk.or.jp

 

Spotifyで配信されて以降、かなりヘビロテ中。

 

まずイントロが今までにない感じのバンド全開で始まり、引き込まれます。

そして、18世代から約10年を経たあいみょんが、ちょっと人生の先輩として

送る歌詞がなんともいいです。

 

「心耕し 花が咲くまで 可愛く揺れなよ 双葉」

 

うーん、いい表現。

弱弱しい双葉、されどみずみずしい双葉。

苦しい事もあるけど、風に吹かれるまま揺られていなよ、と。

 

そして自分に一番ぐっと来たのが2番サビ。

 

「君が大人になったら
見つけるその夢を
限りなく側で見ていたくても
もう叶わないらしいからさ」

 

18祭のドキュメンタリーを見た上では、

一緒に双葉の合唱を作り上げていった過程を

歌っているとわかります。

 

が、これ。

親が子供に思う気持ちにも通ずる部分があるのかな、と。

 

まだ子供が小さいうちは、親と過ごす時間も多分にあり、

その中で良いこと悪いことを共に体験していく感覚があるかもしれません。

 

ただ、大きくなるにつれ、友人との関係ができていったり、

もっと大人になっていけば自分の家族もできていったり・・

 

そうすると、そばで見守ると言う関係性からは徐々に変わっていきますよね。

 

ここだけ見ると、ちょっと寂しさが強くなるかもしれませんが、続きがまたいい。

 

「喜び全部を空に巻き散らして
目には見えない愛を降らせて
伝えて欲しいよ 双葉」

 

側では見れないけど、伝えてね、と。

すごく素敵な表現だなー

 

喜びがあったら、それが愛となって降ってくる。

そしたら世界は平和だろうな。

 

まだ4月、気が早いけれども、

今年の紅白をたのしみにしています!