残りの人生は~シラフで~

断酒をした事で生まれたシラフの時間に、思う事を書いていきます

『何者』 朝井リョウ

オードリーのオールナイトニッポンを聴いていて、

ちょいちょい若林さんから上がる「朝井リョウ」の名前。

 

先日の『ホワイトラビット』に続き、

kindleのUnlimitedで見掛けたので、読んでみました。

 

 

 

タイトルの「何者」

なるほど。。。

 

主軸は新卒の就職活動。

ちょうど転職活動中の自分には

痛く共感できる話もありつつ、

やはり大学生がこれから社会にでていくぞ!

という就職活動とは違うわけで。

 

ツイッターなどのSNSがまた主軸になっていて。

二重人格感というか。

 

SNS、これは就活関わらず、本音と建前というか、

人付き合いをかえって複雑にしちゃってるよな、と思ったり。

 

持論ながら、SNSに向かない人っているよなー、

と日頃から思っていたりする。

 

隣の芝が青く見え過ぎちゃう、みたいな人。

 

一億総評論家時代と言うか。

この「何者」さんは、観察者という目線。

確かにそれもあるな、と。

 

まぁこんなこと言ってる自分もそうなのか、とも。。。


心の声とツイートと言う構造。
5年生の種明かし。

 

読後感が決して良いものではないものの、

読んでみてよかった一作でありました。

iPadOS16 遅延・・・

秋の風物詩と認識している、

androidiPhoneのOSアップデート。

androidはすでに対応済み。

 

自分の手持ちデバイスでの待機は

iPad  Air4へのiPad OS16適用だが、

どうやら遅れているらしい。

 

まぁそもそも。

今回の目玉はM1チップ搭載デバイス向けの

ステージマネージャなので、別にいいのですが。。

 

そもそも、パブリックベータですでに遊んでますし。

 

 

ここでしばし妄想の世界へ。


iPadをディスプレイにつないだ時に、ミラーリングだけでなく

拡張ディスプレイになったらいいなー、と思っていた。

 

それが今回、M1チップ搭載モデル縛りながら、実現する。


これにより、WindowsChromebook

タブレットモデルと、近しい機能になったわけだ。

(厳密にはiPadではデスクトップの概念が異なるものの。)


次なる妄想は・・・

iPhoneをディスプレイに繋いだ時にも、

ステージマネージャのように動いたら面白そう!


androidでは、一部デバイスでモニタ接続時に

デスクトップモードなる挙動をするものがすでにある。

 

自分も、かつてHuaweiのP20 Proで体験していた。

これはこれで便利なんですよねー。

 

かつて、Windowsモバイルなるものでも、

同様にディスプレイへの有線/無線の接続はありました。


iPhoneでもそうなってくると、

本当にスマートなスマホになるんだよなー

Pixel6 × New SIMカード

android13が降ってきたし、

新しいケースで気分も変えたし、

Pixel6を使って行こうと思っている今日この頃。

 

そう言えば。

 

1番難を感じていたのが、通話時の不具合。

通話数分後、こちらの音声が届かなくなると言うもので、

原因もはっきりせず、が入手後ずっと続いていた。

 

疑っているのが、、、

 

1.デバイス自体の不具合

2.ソフトウェアのバグ

3.SIMカードとの相性

 

1、2に関しては、googleのヘルプチャットで

相談したものの、はっきりとした回答を得られず。

色々相談事例もあると思われ、その観点でのアドバイスを期待していたのですが。。。

 

もはや、疑えるのがSIMカードとの相性くらい。

別端末では問題ないから、SIMカード自体は問題ないはず、と思いつつ。

 

で、docomoショップにてご相談。

 

手続きをしながら実際に電話をしてみるも、

こう言う時には全く途切れずに繋がり続けると言う。。

 

それでも、心底困っている訴えが届き、

SIMカードを交換してもらえました。

しかも無償対応。

 

それから2ヶ月程度。

問題なく通話が出来ております。

 

あのdocomoショップ店員にお礼を申し上げに行きたいくらい、

ようやく難が解消されて、うれしい!

 

まぁ、スマホで通話ができるって、当たり前のことなのですが。

 

余談ですが、最近のdocomoSIMカードの台紙は緑と聞いており、

初めて見たので嬉しくてもらえってきてしまった!

 

夏のリュック

リュックサック、手が空いて便利。

荷物もたくさん運べる。

 

但し、いい事ばかりではない。

 

背中が、アツい。

特に、夏はツラい。。。

 

 

ダイソーやらセリアなど、100円ショップっていいですよね。

 

何がいいって、アイディア商品みたいのがあって面白い。

また、売られている意図と異なる、自分のアイディアでの

使い方を考えるのも、これまた楽しい。

 

なので、意味がなくても足が向きがち。

 

ふと、この度、いいものを見つけました。

 

 

おー、よさげですね!

 

かつて、本来は椅子に引くメッシュ座布団を、

これのように使っていた事はあるのですが、

きちんと「それ目的」のものにお目に掛かれました。

 

付けると、こう↓

 

リュックと隙間もできるし、

なんだか背負い心地もアップした感じ。

 

汗はかくものの、これだけ洗えばいいのでラクチン。

 

これはいいものに出会ったな!

Pixel6ケースの新調

android13が降ってきたPixel6。

発売早々の入手以来、いろいろとバグに悩まされてはきましたが、

ようやくここへ来てバグが潰されてきて、おまけに予想外に早くメジャーアップデート。

 

なんでも、このandroid13リリースのタイミングで、

多くのバグもつぶされているそうな。

 

と言う事で、改めまして使っていく気持ちになってきており、

ケースを新調してみました。

 

 

前々から、amazonで見かけていたシロモノ。

Google純正のケースが、値引き価格で売られている。

 

満を持して、ポチ。

 

届いたモノは、間違いなく純正でした。

 

吊るし用のケースになっていて、

吊るす部分はよくあるプラスチックでなく、

布の紐でした。

うーん、脱プラスチック!

 

まぁ家電屋さんなどのケースコーナーで見かけた事はなく、

ソフトバンクショップで見たことがある程度、

販路が心許ないですよねー、Appleさんと比べると。。。

 

 

 

約10ヶ月使ってきた旧ケース(右)は、

やや黄ばんできてました。

 

一方、Google純正はクリアケースではなく、

サラサラ素材。


そして、保護機能分なのか、付けた時の存在感は強め。
実際のグリップも、一回り大きくなった感じ。

 

ただ、旧ケースでは電源とボリュームの物理ボタンが

硬めになっていたところ、きちんと設計されていて押しやすい。

 

前面側は、サイドのエッジは低め、上下はサイドより高めと言った感じ。

 

ケースを変えると新しい端末になったかのようで、うれしい!

iPad OS16 降臨

去年のデジャブのようですが・・

早1年半以上を共にしているiPad Air4へ

iPad OS16のパブリックベータ版を入れてみました。

 

music-horse-2.com

 

と言っても、普通に使っている分には目立った違いは感じられません。

 

今回の目玉は、何と言っても新しいマルチタスクの形である、

ステージマネージャでしょう。

 

ただし、そのステージマネージャは、M1チップ搭載のiPadに限られた機能。

 

個人的には、TypeCポート搭載のiPadシリーズは、

外部モニタをケーブル1本でつなげられる訳なので、

ミラーリングだけでない画面拡張が来たらうれしいな、と思っていました。

 

そこへ、ステージマネージャの発表。

しかしながら、自分のiPad Air4では恩恵に預かれない。。。

 

売ったお金で・・とか、M1系へのアップグレードを検討したりもしました。

 

けれど、安い買い物でもないだけに、

いろいろと妄想を繰り返しました。

 

 

新しい機能は気になる。触ってみたい。

 

いやでも、ポート1個では充電が不足している状態では

ディスプレイをケーブル1本で済ませられないリスクもあるな。

 

現状のように、パソコンとiPadを並べて使うのでも不満はないし、

むしろ独立している方が便利な面もあるよな。

 

と、妄想の末に、M1系への憧憬は(無事に)薄れていきました。

 

こう考えると、今や当たり前に使っているクイックメモや、

新しいマルチタスクへの操作性が搭載されたiPad OS15の方が、

OS全体では大きいアップデートだったんだなー、と思ってしまいました。

 

ステージマネージャがM1だけなんて、ずるい!

(処理性能が求められるから仕方ないんでしょうけどね)