残りの人生は~シラフで~

断酒をした事で生まれたシラフの時間に、思う事を書いていきます

Appleのサポートに思うこと

Apple Storeに行ってきた。

 

以前発覚したiPad Air4の液晶表示不良。

 

・本体交換になる

・本来は交換費用数万になる

・ただし、Apple Care+加入のおかげで4千円程度で済む

 

という案内を受けており、

交換になるなら事前にバックアップしとくか、

と一旦保留にしていた。

 

iPad Air4利用も約2年になろうかと言う時期ですが、

ここまでバックアップなどは考えもしていなかった。

 

いざ、iTunesを使ってバックアップしてみると、

その簡単さにびっくり。

 

うーん、これはandroidにはない世界観だな、と。

 

冒頭に戻りApple Store

店内は購入や修理相談の人々で混んでいたものの、

予約をしていたのですぐにスタッフさんが付いてくれた。

 

そして、症状を伝えつつ、スタッフさんはiPadを操作。

これまで触ったこともなかった「診断」なるメニューから

いろいろと「診断」を進め、さくさくと交換への手配をしてくれた。

 

ここでも、OSレベルでデバイスの診断メニューが整っていることに驚き。

 

そしてもうひとつ。

お客に付いているスタッフさん、多いなー、と。

 

そう言えば、以前にAppleのサイトからチャットでの

問い合わせをした時も、すぐにつながったな。

 

よく、Apple製品が高いだなんだと言われるわけですが、

こう言ったサポートコミコミだと考えれば、

至極妥当だと言う気がした。

 

さらに、スムーズに交換手配をしてくれただけでも満足なのに、

どうやら使用上の過失起因ではなさそうとの判断からか、

無償での交換となって、これまたびっくり!

 

これもApple Care+で追加課金があってこその事ではあるものの、

ありがたいお申し出に、すっかりApple信者になってきそう。

 

在庫がないことから1週間程度待ちとはなりましたが、

現状使用に困っているわけでもないので、

到着の連絡があったら再訪して「新品」を受け取りに行こうっと。

ほのかなひかり 森浩美

読書の秋。

寝床の読書ブームが続いています。

 

最近読んだのは、これ。

タイトル

 聖夜のメール
 想い出バトン
 噛み合わせ
 リリーフはいない
 じゃあまたな
 ワイシャツの裏表
 褒め屋
 トイレットペーパーの芯

 

kindleを漁っていて、unlimitedにあったものをチョイス。

ジャケ買いのノリで、タイトル「ほのかなひかり」の柔らかい感じに惹かれました。

 

短編が8本入ったもの。

主人公は老若男女さまざまで、

それぞれにちょっとうまくいかない現状と、

最後に見えてくる「ほのかなひかり」に救われる、と言った感じ。

 

著者本人のあとがきにもあった通り、

現実世界ではそんなに簡単な打開はないでしょう。

 

まぁそこは、フィクションなわけで。

ホロリとさせてもらいました。

 

特にグッときたのは、「想い出バトン」。

 

結婚して家を出ていく娘。

産まれてから成長を見守ってきた父親。

その過程で残されてきた様々なビデオ映像。

パソコンに不慣れな父がそれらを編集し、娘にプレゼントする。

 

それは、今までは両親が共にしてきて夫の知らない想い出を見せつつ、

ここからの想い出づくりはよろしく、そのバトン渡しだと。

 

じーん、と来ました。

ポケモンGO 開始から1周年

 

 

高校くらいでゲームからは遠ざかっていましたが、

子供の影響でやり始めたポケモンGOが、

今日で1周年になったことに気付きました。

 

会社終わりにふらふらする自分にとって、

「歩く」と結びついているこのゲームは、

なかなか相性が良かったです。

 

あっちへ回ればレイドバトルに参戦できるぞ、とか。

 

そして、「コレクション」の要素。

これも自分の癖(ヘキ)に合っていた。

 

まだ捕っていないポケモンはもちろん、

色違いや衣装違いなど、収集癖をくすぐられます。

 

ふと冷静になると、

ゲームは時間泥棒だよなー、

と思ったりもしますが。。

Inspire3 vs Huawei band3

FitbitのInspire3。

ファーストインプレッションとしては、イイ!

 

やはり、トラッキング目的で着けるものなので、

軽くて着けてる事を忘れる位じゃないと、

ずっと使い続けられません。

 

ディスプレイが小さいと言うデメリットはありつつも、

ちょっとしたシリコンバンドを着けている程度の装用感は、

大きなメリットになっています。

 

ちなみに、Huawei band3と比較すると・・・

 

右:Fitbit Inspire3 / 左:Huawei band3

 

Huawei band3もその名の通りバンド型に属するタイプですが、

それよりもすっきりとしたデザインになっています。

 

上:Huawei band3 / 下:Fitbit Inspire3

 

メーカー自体が違いますが、この3年位の間の

技術変化もあるのでしょう、端末本体もスッキリしてます

 

Fitbitアプリの設定や、

本体の操作方法については、

まだまだ調査中。

新・トラッカー

今秋は、やたらとガジェットの買い替えに勤しんでいる。

 

先のPixel7は大満足。

実質無料どころか、プラス収支での買い替えに加え、

さすがにTensor2世代目はきちんとチューニングもされて、

日常使いでの満足度も非常に高い。

 

おまけに、iPhone SE3を購入。

お散歩のお供として、ラジオや音声目当ての動画再生や、

ポケモンGOなどのゲームで大活躍してくれている。

 

iPadは別として、初のiPhoneなわけですが、

最新級のスペックという事もあり、

サクサク動いていて大満足。

 

そんな中、もう一つ買い換えたいなーと物色していたモノ。

 

それは、スマートウォッチ、アクティブトラッカー系統のもの。

 

現状、普段の仕事ではkronabyというアナログ時計の見た目で、

通知などを振動と針で知らせてくれるスマホコネクテッドウォッチを使用。

 

そして、就寝や休日では、Huawei band3を使用。

 

kronabyはさておき、Huawei band3に関しては、

3年ほど前の製品であり、そろそろ買い換えたい時期。

 

そもそも、買った当初はスマホHuaweiを使っており、

タブレットなど含めHuaweiで固めていたし、そのコスパ

使い勝手に大満足していた。

 

ほんと、あんなことで失速しなければ・・・

今でも自分はHuaweiを使っていただろうし、

世界シェアもトップに上り出ていたと思っている。

 

スマートウォッチ市場では、現在も精力的にHuaweiは日本でも

発売してくれているし、魅力的な製品もある。

Xiaomiやその他中国メーカーでも、コスパにそそられる製品がある。

 

ただ・・・

 

自分としては、あのHuaweiショックがどうしてもよぎる。

アップデートが途絶えるのでは?とか。

 

と言う事で選んだのが、FitbitのInspire3!

 

 

腕元のデバイスで、色々できるのは未来感があって惹かれる。

 

とは言え、実際にはほぼ常にポケットの中や

手の届く範囲にはスマホがあるわけで、

そこまで多機能でなくてもいいかな、と言うのが結論。

 

結果、時計の役目と通知機能、睡眠や活動記録に絞って

こちらの製品を選択しました。

 

何より期待しているのは、スマートアラーム。

 

Huawei band3でもあったのですが、

睡眠トラッキングとの合わせ技で、

アラーム時刻付近で睡眠が浅めの時に

アラームを鳴らし、スッキリ目覚めるよ、と言うもの。

 

正直、大体はアラームの設定時刻に鳴っていた。

 

Fitbitさんの実力を、見せてもらおうじゃないですか!

そして、新天地へ~

断酒1000日達成時に少し触れていた、転職について。

 

music-horse-2.com

 

あれやこれやを記しておこうと思っていたものの、

バタバタしていたりで残せることなく、

ありがたいことに内定をいただけて、決まりました。

 

総括として感じたこととして、

本気で転職を考えていないタイミングでも、

市場を見る意味で「転活かじり」しておけばよかったな、と。

 

いつかは転職するだろう、とぼんやりはあったので、

たまに職歴書のアップデート程度はやっていました。

 

ただ、もう少し踏み込んで求人の傾向なども見てけば、

必要なスキルアップを図っておくこともできたな、と。

 

どうしても、現状の職場環境や職務内容がベースにあるとして、

そこから視野を広げられているか、は課題になると思っています。

 

それが転職の一因でもあるので。

 

であれば、余計に先にもう少し踏み込んで、

どういう人材が求められているか?

についても把握しておく方がよかったですね。

 

まぁしかし、自分としては満足のいく結果を得られはしたので、

素晴らしい40代を過ごしていくべく、前進前進していく所存です。